【生活志向】コスパ良いチョコレート系お菓子を色々食べてみた

生活志向のチョコレートのお菓子を色々と食べてみた

最近ハマっている「生活志向」のお菓子。

値上げラッシュの最中でも(2023年6月現在)、100円で買えるコスパ最強のありがたいお菓子。

もしかしたら容量が減っていたりするのかもしれませんが、そこまで私は気にしていません。

手軽に美味しいお菓子が買えるのは、家計のシビアなフリーランスにはとても重宝します。

2023年8月追記
生活志向のムギチョコを購入できたので追記しました

目次

子供の頃からチョコレート好き

私は物心ついたころからチョコレートが大好きでした。

会社を退職して独立してからは、栄養を意識してカカオ80%以上のチョコ純ココアを口にしていましたが、やっぱりちゃんと甘いチョコレートが食べたくなるときがあります。

そういう時に「生活志向」シリーズのチョコや、普通の板チョコを買っています。

今回は「生活志向」のチョコレート系実際に食べた感想他のお菓子との比較を、私ダイアン視点で書いてみようと思います。

生活志向のピーナッツチョコ

まずは大好きなピーナッツチョコについて書いてみます。

私にとってピーナッツチョコといえば、でん六のピーナッツチョコ

なので「でん六」と「生活志向」の違いがあるか食べ比べしてみました。

まず見た目には、でん六のほうが若干ピーナッツが多そうに見えますね。

チョコレートの色も生活志向が少し薄い感じでしょうか。

実際に食べてみると・・

ピーナッツの量は、意識しないと気づかないレベルですが、でん六の方が少し多いように感じます。

チョコレートは、生活志向がチョコがスーッと溶ける感じで、でん六のほうがチョコ感が濃いかも?と、こちらも若干の違いがあるようなないような。

明らかに違っていたのは、ピーナッツの香ばしさと食感

これはでん六の方が香ばしくて美味しいピーナッツが使われているな、というのがわかりました。

しかし総じて感想を書くとすると、思ったよりも違いはなくて、でん六が買えないときは生活志向のピーナッツチョコでも充分満足できる味わいといえます。

そもそも、でん六のピーナッツチョコって最近売ってないんですよね。

見かけたら買うようにしてるのですが、わりとマニアックなお菓子屋さんとか、タイミング良ければ100均にあることもあります。

製造は正栄デリシィ

チョコレートをメインで製造している「正栄デリシィ」生活志向のピーナッツチョコを作ってました。

「サク山チョコ次郎」というチョコスナックが人気みたいですね。

私は見かけたことがないのですが、正栄デリシィのイチオシっぽいので、今後見かけたら買ってみたい!

生活志向のコーンチョコ

コーン系のスナックを久しぶりに食べました。

生活志向のコーンチョコは甘めのチョコレートが思ったより厚めにコーンパフを包んでいて、チョコ感がしっかり

食感はザクーっとした感じ。

ダイアン

ザクッ!ではなくザクゥー

コーンパフってこんな感じだったな、という食感です。

私が買ったものはコーンチョコが14個入っていました。

1回で食べきっても、2回に分けても丁度よい量かも。

コーンの風味はそれほど感じないので、コーン独特の食感とチョコレートが好きなら止まらない美味しさになりますね。

私はコーンチョコとチョコビスを比べると、やっぱりチョコビスのほうが好きですね。

軽くザクザク食べたいときはチョコビスで、しっかり味わいながら食べたいときはコーンチョコにしようと思います。

製造はロビニア

生活志向のコーンチョコを製造しているのは「株式会社ロビニア」さん。

販売商品を見てみるとチョコレート菓子がメインで、スナックやドライフルーツをチョコがけしたものを色々作っていました。

コーンチョコも売っていたので、同じ中身かもしれませんね。

先のピーナッツチョコを製造していた「正栄デリシィ」のチョコレートをメインで作っている会社みたいなので提携会社なのかな?

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

生活志向のクレープスティックチョコ

生活志向のクレープスティックチョコに似ているお菓子といえば「ピコラ」ですね。

若い時に良く食べた時期がありましたが、10年以上食べていない系統のお菓子。

スーパーにはあまり売ってないですが、時々百均のダイソーでピコラを売っているのを見かけます。

今後見かけたら買ってこようかな?

ヤマザキナビスコ
¥2,580 (2024/06/22 09:02時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

早速開けてみると、10本ずつ2袋になっています。

実際に食べた感想は

ダイアン

美味しい!

実は何年も食べなかった理由が「美味しすぎて止まらない」ので「太るから」です笑

今回久々にクレープ系チョコを食べて、やっぱり美味しいな〜と感動。

特徴としては

  • クレープはサクサクで絶妙な食感
  • チョコの量は気持ち少なく、甘さ控えめ
  • クレープ部分のココアもビターな感じ

でした。

総じて大人向けのピコラといった感じ。

クレープの中は、チョコが詰まっているわけではなく、クレープの内側にチョコがけしているのでチョコ感は控えめ。

チョコの甘さはほどほどにある感じです。

クレープのサクサク感を楽しむお菓子ですね

1袋10本は、油断するとあっという間に食べてしまいます。

サクサク具合が本当に秀逸なので、アイスクリームなどのスイーツに割ってかけたり、手作りチョコレートの中に入れたりすると美味しそうです😄

冷蔵庫で冷やしてみたら

残った数本を冷蔵庫で冷やしてみました。

サクッと感は変わらないのですが、中のチョコが少し冷えて固くなるので、食べごたえのある食感になります。

これはこれで、美味しいですね😄

冷凍庫に入れてみたら

ついでに冷凍庫にも入れてみました。

パリッと感が出るかな?と思って冷凍しましたが、食感的には冷蔵庫とあまり変わらず。

特に美味しくなるわけではないですね。

結果的に私の感想としては、常温のままでサクサク食べるのが一番美味しかったです👍🏻

製造は旺旺・ジャパン

旺旺・ジャパンって初めて聞いたのですが、台湾の企業で生産を中国で行っているみたいですね。

てっきり日本製造かと思っていましたが、中国で作られていました。

旺旺・ジャパンのサイトを見てみると、旺旺・ジャパン創業者と日本の岩塚製菓創業者が出会ったことから発展した企業だとか。

なかなかストーリーのある企業で、好感が持てました。

なによりこのクレープスティックチョコの美味しさは、日本人の好みを良く理解しているものづくりかな、と感じました。

生活志向
¥2,480 (2024/06/22 09:02時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

生活志向の柿の種チョコ

生活志向の柿の種チョコ、食べた瞬間に

ダイアン

美味しい!

のひとこと。

半分くらい食べようと思っていたのに、あっという間にひと袋全部食べてしまいました笑

昔、韓国の唐辛子チョコレートを食べたときに「辛味とチョコレートって合うな」と思ったのを思い出しました。

チョコレートは柔らかめで、柿の種との味のバランスも良いですね。

柿の種の塩分・辛味が調和していて本当に美味しいです。

量も程よく入っていて、100円にしては満足度大ですね。

でん六の柿の種チョコ

そういえば大好きなでん六でも柿の種チョコを販売してるのを思い出しました!

スーパーに売っていたので買ってきて後日食べてみました。

味わいてきにはほぼ同レベルで美味しい。

ダイアン

でん六も一気に完食笑

少し違いがあるとしたら、でん六のほうが若干チョコが多い感じ。

ダイアンの感想としては、生活志向の柿の種チョコでも充分満足できますね!

製造は株式会社フクイ

生活志向の柿の種チョコは、チョコレートのOEM商品を作っている株式会社フクイという会社で作られていました。

「チョコ屋」というオリジナルのチョコレートも作っていました。

見てみたらカカオ高めのチョコレートが美味しそう・・

こんなに美味しい柿の種チョコを作っているので、オリジナルチョコの美味しさには期待しちゃいますね。

レビューも絶賛されているので、私もそのうち買ってみようと思います😀

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

生活志向のミニチョコチップクッキー

生活志向のチョコチップクッキーは、パッケージ右上にもありますが、

ミスターイトウ(イトウ製菓)のチョコチップクッキー

そのものが商品になっています。

違いは大きさですね。

クッキーの大きさと、かかっているチョコチップの大きさが生活志向版はミニです。

ミスターイトウのチョコチップクッキーって、小学生のころから食べていた気がします。

これ、改めて食べるとメチャクチャ美味しいですね。

逆にミスターイトウ本家のチョコチップクッキーが食べたくなってきました笑

チョコチップの大きさが、懐かしい。

チョコチップクッキーとしての欠点が全く見当たらない感じ。

シナモンのようなスパイスの香りも大人向けのお味だな、と思います。

ミスターイトウのチョコチップクッキー

実はここまで書いて、早速スーパーにミスターイトウ(イトウ製菓)のチョコチップクッキー🍪を買いに行ったのですが・・

全然売ってない💦

その後も、行く先々で色々なお店やドラッグストア・コンビニ・ドンキホーテなどを探してみたのですが、全く売っていませんでした💦

ホームページを見ると、今年(2023年)時点で新商品も続々作っているので、卸先が限定されているだけかもしれません。

とりあえず私が暮らす都内では見つけられませんでした。

仕方ないのでネットで買おうかな?と思ってます。

ミスターイトウのチョコチップクッキーが売ってなくて食べられない人は、生活志向のチョコチップクッキーであの味を味わえますよ🍪

生活志向のチョコビスとチョコがけココアビス

チョコがけココアビスとチョコビスの中身を比較

チョコビスは、特に私が好きなチョコレートお菓子なので、過去に詳しい記事を書きました。

同時にチョコがけココアビスも詳しく書いたので、併せて読んでみてください。

生活志向のムギチョコ

生活志向に「ムギチョコ」が存在しているのは間違いないのですが、いつものスーパーにはありませんでした。

時期的なものか、販売が終了したのか?

もし見かけたら買ってこようと思います。

麦チョコは確実に美味しいのではないかと思いますが、買えないとなると余計に欲しくなります笑

Amazonでは売ってますが、ちょっと高くなっているのでこの値段では買えませんね💦

生活志向のムギチョコ発見

2023年7月にムギチョコが売っているのを発見!

早速買ってきました。

ムギチョコを食べたことがあるなら、まさに想像通りの味ですね。

チョコレートが柔らかく、適度に麦の香りがして止まらない美味しさです。

ムギチョコを凍らせてみた

半分くらい食べて、残りのムギチョコを冷凍してみました。

翌日食べてみたら、チョコが固くなって食感を感じられました。

なんとなく麦の風味もアップしている感じで、カリッと気持ちよく食べられます。

使われているチョコレートは柔らかさが美味しさでもあると思いますが、食感アップする冷凍でも美味しく食べられますね。

ダイアン

夏は冷凍一択ですね!

製造はロビニア

先の「コーンチョコ」と同じロビニアさんがムギチョコを製造していました。

安定のロビニアというところですね。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

生活志向のチョコレートまとめ

色々なチョコレートを書きましたが、一気に食べると太るので2ヶ月くらいかけて少しづつ食べたチョコレートの記録です。

生活志向のチョコレート系お菓子は、ネットで検索すると他にも種類があるみたいですが、今販売しているのはこれだけなのか、いつものスーパーにある種類がこれだけなのか、今は不明です。

他の種類を見かけたら、買ってこようと思います。

生活志向のお菓子は安いのはもちろんですが、その分量が多すぎないところも気に入っています。

たくさん入ったお菓子はどうしても食べすぎたり、飽きたりするのでその時の気分で気軽に買える生活志向は、しばらく私のおやつパートナーになってくれそうです😃

ダイアン

それではまた👋🏻

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次